Xenaキャリア採用

商品企画

NORIKO SUENAGA

末永 詞子

東京商品企画

メモのアイコン商品企画の流れ

1.コンセプト立案
市場調査の結果やお客様の声をもとに、どんな商品が求められているのか仮説を立てる。
2.サンプル評価
開発商品サンプルの仕上がりをチェック。使用感や肌なじみなど実際に使用して評価項目をもとに細かく評価し、改良点をチェックする。
3.パッケージ選定
商品コンセプトイメージや利便性、剤型との相性など様々なチェックを行い容器を選定。デザイナーと打合せを行い、ターゲットやブランドイメージに合わせたデザインを作っていく。

仕事写真

仕事写真

時計アイコン1日のスケジュール

  1. 09:00 市場調査・CV調査
  2. 10:00 企画立案業務
  3. 11:45 昼食
  4. 12:45 昼礼
  5. 13:30 勉強会
  6. 14:00 他部署との打合せ・商談
  7. 16:00 パッケージ選定や企画資料作成など
  8. 17:00 スケジュール見直し・日報
  9. 18:00 退社
退社後の過ごし方
退社後

週1~ホットヨガに通っています。ときどき友人と食事に出かけ、ゆっくりおしゃべりすることもあります。

インタビュー

interview1入社の決め手

素敵な笑顔と挨拶、「一緒に働きたい」と強く思えた。

決め手は“人”ですね。もともと化粧品が好きで、化粧品に関わる仕事がしたいと思い面接を受けることにしたのですが、面接に行った時にすれ違うスタッフが皆、笑顔で挨拶をしてくれたんです。気持ちよく面接を受けることができましたし、「こんな人たちと一緒に働きたい」と思ったことが最大の決め手になりました。

インタビュー写真
インタビュー写真
interview2成長したエピソード

“悩み解消”の核づくり。納期もクオリティも妥協しない。

初めて企画の担当を持った時は不安いっぱいでした。特に難しかったのは“コンセプト立案”と“納期”です。
“コンセプト立案”では考え抜いてターゲットを設定し、社内のターゲットになり得るスタッフに徹底的にアンケートを行いました。様々な意見や要望をたくさんもらうことで、コンセプトを作り上げることができたんです。次に頭を抱えたのは“納期”です。絶対に納得できるものを追求したい想いから何度も試作を繰り返した結果、大きく計画がずれてしまったんです。そこで仕事のルール“できない理由を考えない、どうすればできるかを考える”をとにかく実践!製造メーカーと打合せを繰り返し、なんとか発売日に間に合わせられたんです。発売後、お客様から商品に対するお喜びの声を頂いた時には「頑張って良かった!」と喜びと達成感でいっぱいになりました!

interview3Xenaの魅力ベスト3
  1. 1位:働く人

    入社の決め手にもなったのですが、スタッフ皆の人柄がとても良く笑顔と感謝にあふれた会社だと思います。

  2. 2位:お客様の喜びと幸せに貢献できる

    お客様のお悩みに徹底的に寄り添った仕事ができることです。

  3. 3位:挑戦・成長できる環境

    商品企画からブランド立ち上げまで大きな仕事を任せてもらえる機会がたくさんあります。新しい様々な経験を通して、自分自身の成長にも繋げられます。

インタビュー写真
インタビュー写真
interview4今後の目標

ニーズを見極め、末永く愛される商品を生み出す!

“ヒット商品”と言われるような一時期に爆発的に売れるものではなく、何世代にもわたって末永く愛され、使って頂ける“ロングセラー商品”を生み出したいです。そのために、独りよがりにならないようターゲットの声からニーズを見出し、コンセプトテストを繰り返すことでお客様に本当に必要とされる商品を日々追求しています。

どのような方に入社して欲しいですか?

自ら積極的に動くことができる、リーダーシップとチャレンジ精神を持った方と一緒に働きたいです。そういう方とは一緒に仕事をしていて楽しいと感じますし、「どんどん成長してくれる!」と期待できます。 また、相手のために何かしたい方にも入社して頂きたいです。お客様はもちろんですが、仕事は相手がいて成り立つもの。相手の立場になって考え、行動できる方を求めています。

インタビュー写真
インタビュー写真

その他のインタビュー

採用情報