Xenaキャリア採用

広告編集

HARUKA SUGIMOTO

杉本 はるか

福岡DRM編集

メモのアイコン広告制作の流れ

1.広告コンセプト立案
市場調査や、お客様のニーズ調査をもとに、商品の差別化ポイントとなる魅力を絞り、お客様に何を伝えたいかという広告のコンセプトを考える。
2.原稿制作
コンセプトを表現するために何を掲載すべきかを洗い出し、それをもとに原稿のラフとコピーを制作。デザイナーと原稿の目的やイメージを共有し、デザインの制作依頼を行う。
3.ブラッシュアップ会
形になった原稿を部内でチェックする。「この表現でお客様に商品を使ってみたいと思って頂けるか」という視点で互いにチェックし、議論を重ね、より良い広告に仕上げていく。

仕事写真

仕事写真

時計アイコン1日のスケジュール

  1. 09:00 朝礼・お客様の声チェック
  2. 10:00 広告制作
  3. 11:45 昼食
  4. 12:45 昼礼・会議
  5. 14:00 デザイナーとの打合せ
  6. 15:00 調査・広告方針決め
  7. 16:00 広告ブラッシュアップ会
  8. 17:30 業務報告・スケジュール確認
  9. 18:00 退社
退社後の過ごし方
退社後

帰宅後、夕飯をつくってゆっくり過ごします。また、プライベートにしっかり時間を使えるので、平日でも友人と飲みに行ったり、映画を観たり、ショッピングをしたりすることもあります。

インタビュー

interview1入社の決め手

スキルを活かせる環境と、商品に対する情熱がある。

前職ではコピーライティングの他にデザインも行ったりと、どちらかと言うと手広く仕事をしていたのですが、Xenaではその広告制作スキルをより深く活かすことができると考え入社を決意しました。また、面接の時に社員の方の自社商品に対する熱い想いを聞くことができ、その情熱に惹かれたことも決め手になりました。

インタビュー写真
インタビュー写真
interview2成長したエピソード

今まで人々に知られていなかった商品の魅力を最大限に引き出す。

自社ブランドの新商品広告を制作した時です。お客様の声をもとに生まれた商品で、既存商品との違いを一目で伝えるにはどう表現すれば良いか苦戦しました。新商品ということでプレッシャーもありましたが、商品の強みを徹底的に調べ、コピーライティング、商品の撮影など何度も検討を重ね、お客様に商品の魅力を伝えたいという想いで取り組みました。
その結果、多くのお客様に反応を頂くことができました。不安が大きかった分、商品の魅力が伝わりとても嬉しかったですね。また、デザイナーとともに案を詰めていくことで、自分一人では気付なかった表現方法に辿り着くことができました。この経験を通し、互いに協力し合える信頼関係を構築できたと感じます。

interview3Xenaの魅力ベスト3
  1. 1位:社員の人柄

    会社内のスタッフ皆がとても朗らか。全体的に話しやすい雰囲気があるので、議論も活発に行えます。

  2. 2位:学べる環境

    学ぼうとする気持ちがあれば、バックアップをしてくれる環境があります。仕事に役立つ書籍が自由に借りられる図書館があるのも魅力です。

  3. 3位:オンオフの切替

    午前中は個人の業務に集中する“集中タイム”や、会議は30分以内に収めるなど、集中して仕事に取り組める環境があります。また残業がほとんど無いため、プライベートに時間を使えるのが嬉しいです。

インタビュー写真
インタビュー写真
interview4今後の目標

お客様と商品の懸け橋に!読み手の目の流れや感情の研究も。

経験を重ね、広告編集としてのスキルをさらに磨いていきたいです。そして、広告を通してお客様と商品の懸け橋となり、商品の向こうにある生活や変化を伝えることができるコピーライターになりたいですね。ターゲット層の年代の方を調査したり、どのような順序で読み、どのような感情の変化が起きるのかなど、常にお客様目線の研究を続けています。

どのような方に入社して欲しいですか?

広告編集の仕事は、相手に情報をわかりやすく伝えることがとても大事なので、「どうしたら相手に喜んで頂けるか」を想像することができる方と、ぜひ一緒に働きたいですね。また、現状に満足せず「もっとわかりやすく、より良い表現はないか」と模索し続けられる方は、Xenaでどんどん活躍できると思います。

インタビュー写真
インタビュー写真

その他のインタビュー

採用情報