Xenaキャリア採用

広告編集

SHOHEI UKAI

鵜飼 渉平

東京DRM編集

メモのアイコン広告制作の流れ

1.市場・お客様調査
市場の動きや、お客様の関心ごとについて調査を行い、心に響く広告を作るための材料を探す。よりわかりやすい広告表現の研究なども行う。
2.原稿制作
調査内容から掲載方針を決め、取材や撮影などで素材を揃える。ラフとコピーを作成し、ペアのデザイナーとともにお客様目線でチェック。原稿のブラッシュアップを重ねていく。
3.発行後のレス検証会
発行して終わりではなく、実際に広告によってお客様からどのくらいの反響があったかを検証する。その場で次回の改善に繋げる施策を決定。

仕事写真

仕事写真

時計アイコン1日のスケジュール

  1. 09:00 朝礼・市場調査・お客様調査
  2. 10:00 コピー制作
  3. 11:45 昼食
  4. 12:45 昼礼・会議
  5. 14:00 原稿の打合せ
  6. 15:00 広告のブラッシュアップ
  7. 16:00 デザイナーに修正依頼
  8. 17:00 チームで進捗報告
  9. 18:00 退社
退社後の過ごし方
退社後

美味しいものを食べに行ったり、映画を観に行ったり、のんびり家で本を読んだり…。その日の気分によって過ごし方は変えています。疲れもリフレッシュでき、「明日も頑張ろう!」と思えます。

インタビュー

interview1入社の決め手

実力次第で新しいことにチャレンジできる。

広告制作とマーケティングの知識を身に着けたくて、ノウハウがある会社を探していた時に、Xenaの広告編集の求人を見つけました。実際に面接で話を聞いている中で、若い人でも実力があれば新しい仕事にどんどんチャレンジさせてもらえること、社内の雰囲気がとても和やかで良かったことから、「Xenaで働きたい!」と思いました。

インタビュー写真
インタビュー写真
interview2成長したエピソード

表現の勉強を重ね、ゼロから手がけた広告で喜びが生まれる。

Xenaのブランド:Vitamin Cosmeticsのお客様に届ける情報冊子の制作を初めて担当した時です。入社から4ヵ月くらい経った頃、初めてゼロから冊子を作ることになったのですが、いくら考えても良いコピーが思い浮かばなくて…。社長や先輩からフィードバックをたくさん頂いたり、本や他社広告を読み漁ったりして、とにかく色々な意見を参考するようにしました。
〆切ギリギリまで修正を重ね、ようやく完成した時の達成感は今でも忘れられません!さらに嬉しかったのが、その冊子を読んで商品を購入したお客様からお喜びの声を頂いたことです。人を喜ばせることができる仕事って、素敵だなと感じましたね。この経験を機に表現の幅が広がり、制作がよりスムーズにできるようになりました。

interview3Xenaの魅力ベスト3
  1. 1位:風通しのよさ

    何かを相談したい時に、周りに相談できる人がいます。また、人柄が良いスタッフが集まっており、雰囲気がとても良いところです。

  2. 2位:成長できる環境

    本質を突いたフィードバックが貰えるため、新しい考え方に気付かされることが多いです。また、社内にはライティングや心理学などの様々なジャンルの本があるため、学びのチャンスが身近にあります。

  3. 3位:活躍の場が多い

    しっかりとした根拠を持って発信、提案していけば、どんどん新しいことに挑戦させてもらえます。

インタビュー写真
インタビュー写真
interview4今後の目標

読み手の心を動かす、一流のコピーライターに!

読み手がグッと心を動かされて、思わず行動してしまうような文章を書けるようになることが今の目標です。そして、言葉1つで制作物の質を上げることができる“一流のコピーライター”になりたいですね。そのためには、ライティングの知識をさらに身に着け、着実にスキルアップすることから始めています。1つずつ結果を残していきたいですね。

どのような方に入社して欲しいですか?

常にポジティブで、前向きに行動できる方と働きたいですね。広告制作の仕事は簡単ではなく、なかなか結果が出ないこともあります。そんな時に、「どうしたらもっと制作物が良くなるか」「結果が出なかった要因は何か」を前向きに考えることができる方は、どんどん成長していきます。そんな方と一緒に働けたら、私自身とても刺激を受けることができると思います。

インタビュー写真
インタビュー写真

その他のインタビュー

採用情報